アメリカ体験旅行記 -2009年11月-

写真でつづるアメリカ

カリフォルニア州(サンフランシスコ)


サンフランシスコに到着、時差ボケで眠たいけどレンタルカーを借りて出発です。

1963年まで連邦刑務所として使用され、映画「ザ・ロック」の舞台にもなったアルカトラズ島。



雑貨屋。日本とは全然違う品揃えで見たことない果物やお菓子が売っていました。

サンフランシスコ・ジャイアンツが本拠地球場にしているAT&Tパークです。



日本では考えられない程大きなスタンフォード大学付属の教会です。キリストの生涯を記したステンドグラスが印象的でした。

シリコンバレーのインテル博物館。解説が英語で全然わからなかったです。シリコンバレーは緑が多く、先端技術ビジネスの中心地とは思えませんでした。



ゴールデンゲートブリッジ。
天気も恵まれていて、綺麗な景色を見ることが出来ました。

坂が多いことで知られるサンフランシスコで非常に急な坂道を登りました。車で登ったのですが、あまりに急な坂道なのでひっくり返らないかと心配になるほどでした。


ユタ州(ソルトレイクシティ)


サンフランシスコからコロラドは直行便が無いので、ソルトレイクシティで飛行機を乗り換えました。

飛行機での移動中、ソルトレイクシティの由来である塩湖が見えました。


コロラド州(コロラド、マニトースプリング)


神の庭と言われるガーデン・オブ・ザ・ゴッドです。バランスを保って立っている大きな岩や地下から突き出てきたような岩山があり不思議な光景です。

ケイブ・オブ・ザ・ウィンズ(風の洞窟)の鍾乳石です。30分間位洞窟内を探検しました。



インディアンの住居の遺跡です。

鉱石を採取するために使用していた機器です。



ロッキー山脈の東端にあるPikes peakという標高4300m以上、富士山より高い山に100年以上の歴史がある登山鉄道で登りました。

パイクスピーク登山列車。
麓のマニトースプリングからの標高差2000m以上を約1時間かけて、ゆっくり登ります。



ロッキー山脈中の高峰パイクス・ピーク山(標高4317m)の山頂へ登山列車で向かいましたが、積雪のため9合目付近で先に進めず引返し、残念でしたが、登る途中に様々な景色を見ることが出来たので楽しめました。

アメリカ空軍士官学校「エアフォース・アカデミー」で展示されている爆撃機。この学校では、将来空軍士官となる候補生を毎年900名、厳しい教育で鍛えて送り出しています。



アメリカの肉は固くてパサパサしているイメージがありましたが、コロラドで食べたステーキは柔らかくて美味しかったです。


ミネソタ州(ミネアポリス、セントポール)


州都セントポールの街並みを背景にしての1枚。ビル街が立ち並ぶ場所でも少し離れれば自然があふれ、住みやすい街だと思いました。

ミネソタの州議事堂です。アメリカの議員は、職業と言うより社会奉仕の一環と考える面があり、人口数万人程度の自治体議員は、多少の活動費支給だけで報酬はありません。



元ユニシス購買主任だったガイ・ジョンソンさん宅訪問。

ガイ・ジョンソンさんが自宅のすぐ近くの湖で釣った魚をご馳走していただきました。



世界最大級不動産FCのコールドウエルバンカーで働いている洋子・ブレッケンリッジさん。大中小の売り出している家を案内していただきました。

紹介していただいた物件の中の1件。いつかNCKのミネソタ支部として購入したいですね。


参加者の感想

片山 恵太

 今回の旅行は、私自身にとって初めての海外旅行ということもあり、全てが新鮮に感じました。ネイティブな英会話やドルでの買い物も初めてでしたが、車で高速道路を走行している時に手付かずの土地が広がっている光景を見て、いかに国土が広大であるかを知りました。そして、ロッキー山脈の南端に位置する山パイクスピークに登山鉄道で登り、下に広がる景色を見たときは言葉に表せないほど素晴らしかったです。また、食事や買い物の時に店員が気さくに話し掛けてくれ、人の温かさを感じました。今回の旅行で本やテレビでは分からない、アメリカの本当の姿を知ることが出来て良かったです。