NCK株式会社
日本コンピュータ開発

MENU

ITお役立ち情報COLUMN

CRE戦略とは?企業不動産活性化のためのポイントをチェック!

 現在、日本企業は約500兆円の不動産を所有しているといわれており、企業にとって不動産は重要なインフラになっていると言えます。そういった背景もあり、最近では企業不動産を経営の視点から活用する「CRE戦略」が注目を集めています。

 今回のコラムでは、CRE戦略について、またNCKが取り組んでいるCRE戦略の補助ツール「企業不動産管理システムCREMASY(クレマシー)」についてご説明します。

CRE戦略とは

 「CRE戦略」とは、企業不動産(CRE:Corporate Real Estate)を活用する企業戦略のことを指します。企業不動産を単に保有するだけでなく、購入・売買・投資などを実行することで、企業価値を向上させることを目的とします。企業が現在保有する不動産だけでなく、企業に関わる全ての不動産に対して用いられる戦略です。

 国土交通省は、「CRE戦略を実践するための ガイドライン」で、CRE戦略を以下のように定義しています。

CRE戦略とは、企業不動産について、「企業価値向上」の観点から、経営戦略的視点に立って見直しを行い、不動産投資の効率性を最大限向上させていこうという考え方である。

出典: 「CRE戦略を実践するための ガイドライン」(2010年改訂版) 国土交通省

CRE戦略が重要視される背景

 なぜCRE戦略は企業にとって重要な戦略になっているのでしょうか。それには以下のような背景が考えられます。

ステークホルダーへの説明責任

 ステークホルダーは企業の利害関係者のことで、消費者、株主、仕入れ先、周辺住民などを指します。ステークホルダーから高評価されて信用を得ることは、企業を円滑に運用させる上で欠かせない要素です。

 ステークホルダーの重要な評価項目の一つが企業不動産であり、企業は不動産を所有する意味をステークホルダーに説明する必要があります。企業不動産を適切に管理、運用することは、説明責任を果たし、ステークホルダーから高評価を得ることにつながります。

キャッシュフロー経営の重要性

 国際会計基準の普及や、会計制度の改革により、キャッシュフローを重視した資産の効率的な運用が求められるようになりました。不動産は企業のバランスシート内で占める割合が大きいため、効率的に運用することで企業価値の向上を見込めます。

 また、利益を見込めない遊休不動産については、ロスやコストを削減するため、早めの対応をしなければなりません。

価格変動によるリスク

 近年は、立地などの様々な要因により変動的な地価動向を見せており、それによって急激な不動産価格の変動が頻繁に起こるようになりました。先述の通り、不動産は企業のバランスシート内で大きな割合を占めているため、地価が下落すると、それだけで大きな損失となってしまいます。

 こういったリスクを回避するために、どの地価が下落するか早めに見込みを立てておいたり、他の不動産と合わせて活用したり、といった戦略的な展開が必要になります。

CRE戦略のマネジメントサイクル

 CRE戦略の一般的な進め方として、国土交通省は「CRE戦略を実践するための ガイドライン」にて以下のようなマネジメントサイクルを提唱しています。

出典: 「CRE戦略を実践するための ガイドライン」(2010年改訂版) 国土交通省

 CRE戦略は、同じ計画を変えずにずっと使い続けるのではなく、状況に応じて定期的に見直し、変化させていくものです。内部環境や外部環境に常に目を向け、絶えず成長させていかなければなりません。

企業不動産システムCREMASY

 CRE戦略においては、自社で保有する不動産の情報を適切に管理しなければなりません。ここからは、NCKが提供する、企業不動産管理システム「CREMASY」について説明します。

企業不動産管理機能

 システム上に不動産情報を登録することで、項目を統一した一元管理が可能です。また、登録の際に、管理番号の付与や、ハザードマップや竣工図といった関連資料の紐付けをすることができます。

マップ機能

 Googleマップ®を用いて、システムに登録している不動産の位置を表示する機能です。マップ全体に不動産情報の位置がプロットされるため、各不動産間の距離や位置関係を俯瞰して見ることができます。また、絞り込み検索も可能です。

自由度と安全性の高い導入環境

 WordPressを用いたシステムのため、WordPressが動作する環境であれば、クラウドサーバ上でもローカル環境でもインストール及び利用が可能です。社内クラウドで企業不動産情報を管理することで、安全な運用ができます。

まとめ

 今回のコラムでは、CRE戦略の概要と、NCKが提供するCRE戦略の補助ツールについて解説しました。

 企業にとって、不動産は必要不可欠な存在です。よって、不動産を適切に管理することは、企業の円滑な運用には欠かせません。そのため企業は、積極的にCRE戦略に取り組み、不動産の情報や社会の状況を吟味して、企業価値の向上を目指す必要があると考えます。

記事一覧へ戻る
お問い合わせ

046-234-7066
受付時間:平日 9:00 〜 17:30