NCK株式会社
日本コンピュータ開発

MENU

ITお役立ち情報COLUMN

テレワーク疲れを解消するためには?原因と3つの対処法を解説

 近年、多くの企業に普及したテレワーク。作業を中断されにくいことによる、生産性・効率性の向上、通勤や紙の管理にかかるコストの削減といったメリットがありますが、その一方で、「テレワーク疲れ」に悩む人が増えているのをご存じでしょうか。

 今回のコラムでは、テレワーク疲れについて、その概要、原因、対処法をご紹介します。

テレワーク疲れとは

 テレワーク疲れとは、文字通りテレワークによって起きた仕事や生活の変化がもたらす、心身の疲れ、及びそれに伴う症状のことです。症状としては、身体的なもの、精神的なものの2つに分かれます。

【身体的な症状の例】
【精神的な症状の例】

テレワーク疲れの原因

【身体的な症状】
長時間同じ姿勢でのデスクワーク

 テレワークでは、パソコンを使ったデスクワークがメインになります。そのため、座りっぱなしの状態で同じ姿勢が続き、結果的に首や肩、腰に負担が生じてしまいます。また、在宅勤務の場合は、自宅にパソコン作業に適した環境を用意できていないことが多いため、自然に姿勢が悪くなり、身体的な疲れが起こりやすいと言えます。

 また、パソコンを使う作業が多くなることで、目の疲れも起きやすくなります。

運動不足

 テレワークでは、同じ姿勢のまま長時間過ごすことが多く、結果的に運動量が少なくなってしまいます。デスクワークが中心になる職業では、出社時と運動量はあまり変わらないと思われがちですが、通勤時や外部への訪問など、運動する機会は存在します。運動不足が続くと、全身の筋力低下、それに伴う頭痛や肩こりなどが発生すると言われています。

【精神的な症状】
仕事のオンオフが切り替えづらい

 在宅勤務の場合に顕著ですが、プライベートで利用する空間と仕事をする空間が同じになり、仕事のオンオフが切り替えづらくなることにストレスを感じる人もいます。また、仕事のオンオフが切り替えづらくなったことで、所謂「サボり」をストレス解消のためにしてしまうという問題も指摘されています。

コミュニケーション不足

 出社時には、相手と対面でコミュニケーションができ、質問や相談をスムーズに済ませることが可能です。しかし、テレワークでのコミュニケーションでは、相手の顔を見る機会がぐっと減ります。そのため、対面時のようにスムーズにコミュケーションができなくなったり、コミュケーション自体がなくなった、というケースが発生しやすくなりました。これによって、孤独感や疎外感、解決したい問題がすぐに消化できないストレスを感じる人が増えているようです。

環境の影響

 テレワークを行う環境では、仕事に関係ない騒音が聞こえて来て、それが仕事の邪魔になりストレスが溜まる、というケースも少なくありません。特に在宅勤務で、かつ自分の部屋がない場合だと、リビングで仕事をすることになるため、騒音が顕著になります。また、家庭を持っている場合は、仕事と家庭のタスクが一遍に舞い込んでくることもあり、そうなるとさらに疲れが来てしまいます。

テレワーク疲れの対処法

仕事をする環境を整える

 テレワークでの環境によるストレスを軽減するためには、仕事をしやすい環境を整える必要があります。テレワーク用に設計された、身体に負担がかかりにくい椅子やテーブルなどが様々なメーカーから販売されているので、在宅勤務をメインにしている場合はチェックすることをお勧めします。また、テレワーク用のスペース貸出しサービスもあるので、自宅に仕事をする環境を整えるのが難しい場合は、そちらを利用するという手もあります。

こまめに運動する

 仕事の前後や休憩時間などに運動を取り入れるのも良いでしょう。例として、ウォーキングや軽いジョギング、筋トレやストレッチなどが挙げられます。体を動かすことで、運動不足解消だけでなく、心身のリフレッシュも望めます。とはいえ、運動しすぎて仕事の方に悪影響が出てしまうと本末転倒なので、無理なく取り入れることが重要です。

ツールを使ってコミュニケーションを取る

 テレワーク上でコミュニケーション不足を感じている場合は、チャットやビデオ通話などのオンラインツールを活用するのが良いでしょう。また、オンラインでは雑談や何気ない会話が無くなるため、自分から意識的にコミュニケーションの機会を増やしていくことが重要です。

まとめ

 今回のコラムでは、テレワーク疲れについて、その概要や原因、対処法を紹介しました。

 テレワークに慣れていない人は多く存在しており、そのせいで出社時にはなかった心身の疲れや症状が発生するケースが多くなりました。出社時とテレワーク時で仕事の質が変わることが無いように、心身共に健康な状態を保てるようにしていきたいものです。

記事一覧へ戻る
お問い合わせ

046-234-7066
受付時間:平日 9:00 〜 17:30